Winary

ワイナリー

Emilia Romagna

Il Farneto

イル ファルネート

レッジョ エミリアの南にあるカステッララーノの町。当主のマルコ ベルトーニは2001年、町から離れた丘陵地に念願の土地を手に入れ、ゼロからのブドウ栽培を開始する。畑は標高250m、サッスオーロを含むこの当たりは強い粘土質を持ち、年間の降雨量が少なく非常に乾燥している、この辺りではほとんど見られなくなった、手作業によるブドウ栽培にこだわるマルコ。湿度の問題が起きない畑では、当然カビの影響がほとんどないため、ボルドー液を必要としない環境が整うことに驚く。樹に全く負荷をかけない、自然環境と樹の自己管理力を尊重する栽培を心がけている。醸造は、彼の理想ともいえる日常を感じるワイン、幼い頃に見てきたサッスオーロの情景を尊重したワイン造り。不必要な介入を避け、冬場の寒さを利用してオリ引きするなど、あくまでも地元の手法にこだわるマルコ。ワインはどれも果実をそのまま感じつつも、決して飲み飽きない気軽さを持っています。経験の少なさを補うのに十分な環境と素材の良さ。将来性を感じる造り手です。

レッジョエミリアとモデナの中間、南側に位置するカステッララーノの町。全くゼロの状態からこのワイナリーをスタートさせたマルコ ベルトーニ、彼には決して譲れないこだわりと強い意志があった。 2000年、町はずれの丘陵地(Collina)、第二次大戦前にはブドウ畑が広がっていた土地でありながら、現在は放棄地とされている土地を手に入れたマルコ。標高250mの緩やかな斜面は、昼夜の寒暖差、そして強い粘土質、乾燥した風とまさに恵まれた環境が整っていた。元来ブドウ農家ではなかったマルコ、しかしながらサッスオーロの町で幼い頃から見てきたワイン造りに強い憧れを持ってきた。地域伝統のランブルスコ、そして彼が最も魅力を感じていた地酒ともいえるベスメイン(マルツェミーノの古い呼び名)、そしてスペルゴラ。2001年より、段階的に植樹を行い、現在8ha。黒ブドウはマルツェミーノ、カベルネ、ランブルスコ、グラスパロッサ。白ブドウはスペルゴラ、ソーヴィニヨンブラン、シャルドネを栽培。

醸造においては、少なからず温度の管理はするものの、不必要な酵母添加を行わず、ごく最低限の亜硫酸を使用するのみ。「ここ最近、ようやく品種として確立されたスペルゴラというブドウ、結実のまばらさと、粒の小ささ。そして最も特徴的ともいえる強い酸を持ったブドウ。」、梗の部分まで完熟させたスペルゴラは除梗せずにそのまま圧搾。果汁のみの状態で醗酵を行い熟成。2013年よりリリースされたフリッツァンテは、醗酵が終わったのちにボトル詰め。スペルゴラから造ったモストコット(煮詰めた果汁)を少量添加し瓶内二次醗酵を行う。その後スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。

マルツェミーノは屋外にある大型のセメントタンクにて約2週間のマセレーション(果皮浸漬)、野生酵母による醗酵を促す。圧搾後春まで、外気の寒さを利用してオリ引きを行う。使い古した木樽(500L)に写し12か月の熟成。酸が非常にデリケートで、栽培の難しいとされるマルツェミーノでありながら、驚くほど純粋で直観的な味わい。そして、すべてのワインに共通する骨太な酸と果実的な雰囲気。醸造的な未熟さを埋めるのに十分な素材のよさ。素晴らしい信念と情熱を持った造り手の一人

Lineup

※横にスクロールすることができます。

商品コード イメージ ワイン 認証 種類 品質・メモ
ILF0404

Brut Nature

ブルット ナトゥーレ

18 白発砲 スペルゴラ50%シャルドネ25%、
ソーヴィニヨンブラン25%。樹齢10~20年除梗せずに圧搾、
果汁のみで醗酵。ボトル詰めの前に保存しておいた
スペルゴラのモスト(果汁)を加え、瓶内二次醗酵を行う。
24カ月以上オリとともに熟成、
オリ抜きをしたのちにリリース。二次醗酵時の酵母なし、
ノンドサージュ。
ILF0901

Frizant Brutto

フリザンブルット

17 白微泡 スペルゴラ50%、シャルドネ25%、
ソーヴィニヨンブラン25%、樹齢5~15年。
Brut Nature(スプマンテ)として
瓶内2次醗酵を行ったものの、途中で醗酵が完全停止。
残糖は8g/L、2.3気圧の微発泡白としてリリース。
ILF0107

Frizant Bianco

フリザン ビアンコ

19 白 微泡 スペルゴラ100%、樹齢10~20年
除梗せずに圧搾、果汁のみで醗酵。
ボトル詰めの前に保存していたスペルゴラのモストを
加え、瓶内再醗酵。オリ抜きをせずにリリース。
酵母添加なしのフリッツァンテ。
※開栓前に瓶底に沈んだオリを戻してから抜栓して下さい。
ILF1001

Frizant Rosato

フリザン ロザート19

19 ロゼ 微泡 ランブルスコ グラスパロッサ、サラミーノ主体、スペルゴラ他。
樹齢10~15年。黒ブドウは約1晩の浸漬、白ブドウを加えて共に圧搾し醗酵。
冷蔵保存していたランブルスコのモスト(果汁)加え、再び醗酵が始まってからボトル詰め。
春先の気温上昇を利用して瓶内で醗酵を終える。
オリ残したままリリース。古典では白ブドウを加えていたというランブルスコ。
より軽やかさを意識したロゼ、今回初リリースです。
全体的に糖度の低いヴィンテージ、ガス圧は想定よりも低めで、あまり発泡は感じられませんが、
キレのある酸と心地いい残糖感をもった、魅力的な味わいです。
ILF0603

Frizant Rosso

フリザンロッソ

19 赤 微泡 ランブルスコ グラスパロッサ、樹齢5~10年。
収穫後除梗して果皮と共に数時間醗酵を促す。
圧搾し、ボトル詰めの前に保存していた
グラスパロッサのモストを加え、
瓶内再醗酵。オリ抜きをせずにリリース、
酵母添加なし。
※開栓前に瓶底に沈んだオリを戻してから抜栓して下さい。
ILF0703

Mary of Modena

ブルット マリーオブモデナ

17 ロゼ泡 スペルゴラ70%シャルドネ20%テルマリーナ10%、
樹齢10~20年。除梗せずに圧搾、果汁のみで醗酵。
ボトル詰めの前に保存しておいたスペルゴラのモスト(果汁)を加え、
瓶内二次醗酵を行う。12カ月以上の熟成、
オリ抜きをしたのちにリリース。
二次醗酵時の酵母なし、ノンドサージュ。
ILF0007

Spergle

スペルグレ

19 スペルゴラ、樹齢10年。収穫後、除梗し果皮とともに約2日、
野生酵母による醗酵を促す。圧搾後、
ステンレスタンクにて6か月熟成。
葡萄の特徴は酸がとても高いですが、
果実とのバランスが取れた味わい深いヴィンテージです。
ILF0206

Berzmein

ベルツメイン

17 樹齢15年。除梗して約2週間のマセレーション。
屋外に設置したセメントタンクにて野生酵母による醗酵を促す。
その後冬の寒さを利用してオリ引きを行い、
木樽(トノー)に移し12か月の熟成。オリ引きの後にボトル詰め。
ILF1101

Giandon Bianco

ジャンドン ビアンコ

19 マルヴァジーア ディ カンディア100%、樹齢30年。友人より借りた畑。
収穫後、除梗(一部除梗せず)して果皮と共に1週間、セメントタンクにて醗酵が始まる。
圧搾後、そのまま6か月の熟成。畑の成長を待つ間、実験的に醸造した白。
ロッソと同じく、気兼ねなく飲まれる土地の味わいを意識した白。
ILF0802

Giandon Rosso

ジャンドン ロッソ

19 マルツェミーノ主体、マルボジェンティーレ、
ランブルスコグラスパロッサほか。除梗し果皮と共に醗酵。
セメントタンクにて発酵・熟成。どこまでも気軽さを追求したワイン。
ILF0501

Condimento Balsamico

コンディメント バルサミコ

250ml

バルサミコ マルツェミーノ60%、スペルゴラ20%、
カベルネ ソーヴィニヨン20%。5年熟成をベースに、
3年、7年とブレンドした、酸度が低く甘みを残したバルサミコ、
糖分や酵母、保存料、着色料無添加。
ILF9002

Condimento Balsamico

コンディメント バルサミコ

750ml

バルサミコ マルツェミーノ60%、スペルゴラ20%、
カベルネ ソーヴィニヨン20%。5年熟成をベースに、
3年、7年とブレンドした、
酸度が低く甘みを残したバルサミコ、
糖分や酵母、保存料、着色料無添加。