Winary

ワイナリー

Alto Adige

Floribunda(Egger Franz)

フロリバンダ(エッゲル フランツ)

膨大な知識量と創作意欲をそのまま具現化した、オリジナリティ溢れる瓶内2次醗酵シードル。ボルツァーノからアディジェ川沿いに南へ30㎞、エーニャ(ノイマルクト)の町。若くから植物学者として大学に勤務し、植物を主体に自然環境、菌、酵母などを、専門的に研究してきたという異色の経歴を持つフランツ エッゲル。1994年に大学を退職後、父が続けてきたリンゴ栽培農家を引き継いだことを契機に、シードルの追及へ没頭していく。フランツは、これまで自身が学んできた知識と経験をもとに、薬品類の代わりに多種の薬草からとった煎じ液を利用することで、果樹では非常に難しいとされる無農薬、無肥料栽培を実践している。自ら収穫したリンゴを用いたシードルの醸造、、、。当初は試行錯誤であったものの、追及心の高い彼。フィルターの使用をやめ、オリ引きの回数を減らし、オリによって原酒が守られる状態(シュール・リー)を維持する事で、完全にSO2の添加を行わない瓶内2次醗酵のシードルを造りだすまでに至る。オリとともに保管することで、原酒自体が守られる=酸化に対して抵抗を持つ、という考えのもと造られたシードル。シンプルにリンゴだけで造ったものはもちろん、リンゴと一緒に収穫されるカリン(mela Cotagna)を加えたものや、リンゴ果汁にサンブーカ(Sambuca=ニワトコ)の花を加えて一緒に醗酵させたものなど、、、彼の創作意欲には驚かされてしまう。

ボルツァーノからアディジェ川沿いに南へ30㎞、エーニャ(ノイマルクト)の町。 若くから 植物学者として大学に勤務 し、 植物 を主体に 自然環境、菌、酵母な ど を、 専門的に研究してきたという異色の経歴を持つフランツ エッゲル。 1994 年に 大学を退職後、父が続けてきたリンゴ栽培農家を引き継いだこと を契機に 、 シードルの追及 へ没頭していく。 アディジェ川のほとりにある彼のリンゴ畑、土地は水はけのよい砂質 、粘土 質( トゥーフォ土壌 。父の代までは一般的なリンゴ栽培を行ってきた。フラン ツは、これまで自身が学んできた知識と経験をもとに、 薬品類の代わりに多 種の薬草からとった煎じ液を利用することで、 果樹では非常に難しいとされる 無農薬、無肥料栽培を実践 している

リンゴの品種も病気やカビに強い原種を選抜( 1600 年代に日本より伝わ ったとされるヒメリンゴ系の品種からの交配、ゴ ルドラッシュ、 トッパス )、それ ぞれ糖度が上がりにくい品種ではあるものの、果皮が厚 く生食よりもシードル に適している こと、収穫量を抑えて果実の密度を上げることで、十分な糖度 とバランスを持った収穫へたどり着く 。 当初は試行錯誤ではあったものの、 彼 の推測 は見事に的中し 、 現在 は年によって ごくごく微量な 天然由来の 硫黄 物を使用するのみ、 ボルドー液はもちろん 銅 も 全く使用 する必要がないという バランスの取れた畑 に驚愕す る 。

オリ とともに保管することで、 原酒自体が 守られる 酸化 に対して抵抗を持つ 、 という考えのもと造られたシードル。 シンプルにリンゴだけで 造った ものはもちろん、 リンゴと一緒に 収穫されるカリン( mela Cotagna を 加えたものや 、リンゴ果汁にサンブーカ Sambuca= ニワトコ) の花を加えて一緒に 醗酵させたものなど、、、彼の創作意欲には驚かされてしまう。 収穫は10 月中旬~下旬。生食用とは違い、樹上にて落ちてしまう直前まで、完熟したリンゴを収穫。破砕して圧搾した果汁は 小型のタンクで20~30 日間、緩やかに醗酵を促す。醗酵が終わった段階で、別に保管しておいたリンゴジュースと微量の酵母を 加えボトル詰め、瓶内にてもう一度醗酵が始まるのを待つ。酵母や醗酵中の温度については、まだ試行錯誤の段階だと話すフラン ツ。リンゴの果汁のみで醗酵しきった爽快さ、そして全く嫌みのない香りと、心地よくも繊細な味わい。 歴史や伝統にはないものの、フランツのこだわりの栽培・醸造観念によって生まれた、個性豊かな素晴らしい味わいのシードル。 まだ実験段階という生産ではあるものの、ぜひとも今後の醸造、そして彼の到達点が本当に楽しみな造り手。

Lineup

※横にスクロールすることができます。

商品コード イメージ ワイン 認証 種類 品質・メモ
EGG0005

Sidoro alla Mela

スィドロ アッラ メーラ

19 シードル リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)、
樹齢20年。収穫後、破砕・圧搾。
小型のタンクにて緩やかに醗酵を行う。
遅れて収穫したリンゴを圧搾、果汁を加えてボトル詰め、
瓶内2次醗酵。スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
EGG0205

Sidor ai Fiori di Sambuco

スィドロ アイ フィオーリ ディ サンブーコ

19 シードル トッパス、ゴルドラッシュ、サンブーカの花、
樹齢20年。収穫後、破砕・圧搾。醗酵が始まるタイミングで、
サンブーカの花を加えて醗酵。
保存しておいたリンゴ果汁を加えてボトル詰め、
瓶内2次醗酵。スボッカトゥーラ(オリ抜き)せず、そのままリリース。
EGG0105

Sidro alla Cotogna

スィドロ アッラ コトーニャ

19 シードル リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)、
西洋カリン、樹齢20年。収穫後、破砕・圧搾。
リンゴと同じ畑に育つカリンを加えて醗酵(全体の20%)。
保存しておいたリンゴ果汁を加えてボトル詰め、
瓶内2次醗酵。スボッカトゥーラ(オリ抜き)せず、そのままリリース。
EGG0305

Sidro allo Zenzero

スィドロ アッロ ゼンゼロ

19 シードル リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)、
ショウガ。収穫したリンゴに、
同じく畑で栽培したショウガを加えて一緒に破砕し緩やかに醗酵。
リンゴ果汁を加えて瓶内2次醗酵。
スボッカトゥーラ(オリ抜き)せず、そのままリリース。
EGG0601

Sidro in Barrique

スィドロ アッッラメーラ イン バリック

18 シードル リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)、
樹齢20年。収穫後、破砕・圧搾。小樽(バリック)
にて緩やかに醗酵を行い3か月の熟成。
遅れて収穫したリンゴを圧搾、果汁を加えてボトル詰め、
瓶内2次醗酵。スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース