Winary

ワイナリー

Sicilia

Bonavita

ボナヴィータ

2006年より、ジョバンニ スカルフォーネはメッシーナの内陸ファーロスーペリオーレにて栽培・醸造を開始。わずか1haあまりの畑には50年を超えるネレッロマスカレーゼ、ネレッロカプッチョ、そしてファーロの心臓ともいえる地品種ノチェッラ。祖父、曾祖父の頃より自家消費用のブドウを作り続けてきた経緯から、一度たりとも農薬や肥料を使ったことがない。強い太陽が生む果実の凝縮、それに引けを取らない豊かな酸は間違いなくファーロ特有の、いわばノチェッラの特徴を見せてくれる。醸造では極力手を加えない方法を取り、果実の持つ香り、味わいを最大限表現。あまりの生産量の少なさ(もう、心配になってしまうほどに)とは裏腹に、彼の追及力と醸造哲学には驚かされてばかり、。穏やかさとは裏腹に、揺るぎない決意と信念を持つ造り手。

穏やかなる意思表現、ジョバンニほど柔軟な思考と強い気概を内在している造り手はい ない。シチリアの北端、メッシーナの内陸にある町ファーロ スーペリオーレ。 100 年前はシ チリア有数のワイン生産地域であったにも関わらず、現在 DOC Faro を ボトル 詰めしている カンティーナは彼を含めわずか 3 つ。シチリア最古の DOC でありながら最少の DOC という 複雑な背景を持つ地域。 2005 年、ジョバンニ スカルフォーネは母の受け継いできた 1ha ほどの土地「 Bonavita 」にて、本格的なブドウ栽培とワインの自家醸造を開始する。 コントラ ーダ と 呼 ば れ る この小さな 土地は、代々家庭用として野菜やオリーブ、ブドウを栽培 。 今ま で一切の薬剤や肥料を使わずに守ってきた土地。彼自身、幼い頃からこの畑で野菜 やブ ドウの栽培に携わったことは、彼の一貫したフィロソフィを形成したといってもいい。 標高が高く( 300 m)北向きの斜面は、一見ブドウの栽培に不向きのように思える。しかし、 シチリアの強すぎる日差しと高温から適度に果実を守り、メッシーナ海峡より吹き続ける北 からの潮風は、果実に十分な酸と骨格を、そして南にある手つかずの山は、地域特有の 南風シロッコ(アフリカ大陸から海を越えてやってくる、砂と水分を含んだ熱風。

醸造は自宅の地下室を改造した小さなカンティーナで行う。果実は一部除梗せず、開 放桶で 2 週間のマセレーション 果皮浸漬 を行い、自然酵母による醗酵を促す。日々の攪 拌を行いつつ 木樽にて 12 か月、 ボトル 詰め後 6 か月の熟成。ロザートは約 1 日( 24 時間) のマセレーションを行い、自然酵母による醗酵。十分すぎる色素(アントシアニン)は、不安 定といわれるロザートの醗酵を非 常に安定させ、 SO2 の添加を全く必要としない。 すべて の行為(栽培・醸造すべてを通して)に明確な必要性がある。反対を言えば必要のない行 為(薬品の添加や、醸造的な技術介入)をいかに排除していくのか、そこにジョバンニの考 えるワイン造りが見えてくる。果実の素晴らしさを失うことのない彼のワインには、本来の果 実や香りを失うことなく感じる。そして醸造・熟成によって更なる味わいをもたらしてくれる。

ワイン造りへの誠実さ、穏やかな意思表現を持ちつつ、自身の実践と考察から生まれる、 確固たる自信を内に秘めるジョバンニ。彼の目指すメッシーナのワイン造りの背景には、祖 父、父が味わってきたこの土地のワインがはっきりと描かれている。ファーロのワイン造りを 現在に継承しつつ、自分のワイン造りを突き詰めていく。まだまだ前途多難なこの小さなカ ンティーナであるものの、今後の彼が目指す風景を楽しみにしていきたい。

Lineup

※横にスクロールすることができます。

商品コード イメージ ワイン 認証 種類 品質・メモ
BON0005

Rosato

ロザート

16 ロゼ ネレロマスカレーゼ、ネレッロ カプッチョ、
ノチェッラ、樹齢30~55年。収穫後、
除梗し果皮とともに約1日間醗酵を促す。
圧搾後、醗酵が終わり約6か月の熟成。ボトル詰め後、
24か月の熟成。果実の可能性を熟成によって表現するロザート。
BON0104

Faro

ファーロ

13 ネレロマスカレーゼ、ネレッロ カプッチョ、
ノチェッラ、樹齢30~60年。収穫後一部除梗せず、
3000Lの大樽にて約1か月のマセレーション(果皮浸漬)、
果皮とともに醗酵を終える。圧搾後、
そのまま大樽にて12か月の熟成。
ボトル詰め後48か月の熟成。
今回より大樽を中心とした醸造に
切り替わり劇的に進化したヴィンテージ。