Winary

ワイナリー

Lazio

Le Coste

レ コステ

2004年、ジャンマルコ アントヌツィはラツィオ北部のボルセーナ湖半にてブドウ樹の栽培、ワイン醸造を開始。彼の考え方は非常にシンプル、かつ合理的。自分の造りたいワイン、そこに到達するために何が必要なのか?多くの素晴らしい造り手のもとで働き、知識・経験を、、、。祖父の持っていたグラードリのぶどう畑を起点にLe Costeの畑を、、、。フランコ ピエーデ(台木を使わずに自根にて)から薬品など一切を排除した栽培を、、、。知識や技術に傾倒しない、感性に任せた醸造(本人は認めませんが)を、、、。知識・経験・畑・栽培・醸造、そしてそこに「どんなものを造りたいか?」という彼の考える「到達点」。そしてそこに辿り着くために必要な手段。結果、いつも挑戦につながる、いわば全く妥協のない彼の信念。だからこそ毎回楽しませてくれる、常に想像の2~3歩先をゆく造り手。

ジャンマルコ アントヌーツィ、彼ほど合理的、かつ感性的な造り手に出会ったことはあっただろうか。ヴァレン ティーニやジュラール シュレール、愛する造り手のワインを飲むうちに、自らワインを造りの道を選んだジャンマ ルコ。フランスをはじめとした多くのワイナリーでの経験、そして祖父より受け継いだグラードリでのブドウ栽培、そ れぞれ全くの無関係のようですべては彼の計画した通り。そう感じさせてくれる 説得力を持っている。 そして、それだけでは終わらない彼のエネルギーは、畑での挑戦はもちろん 醸造においてもただならぬものがある。そんな彼はいつも想像の斜め上を進み 続ける彼のワイン。そこには造り手だけでない、飲み手へのたくさんのメッセージ が散りばめられている。 グラードリの土地はラツィオ北部、ヴィテルボ近郊カルデラ型の湖ラーゴ デ ィ ボルセーナのほとりにある。このあたりの土壌は火山礫、凝灰岩、細かい顆 粒状の石が積み重なり形成されている。砂質、火山性の堆積物、特に鉄分が 多く、石灰質と共にブドウに特徴的なミネラルを与えている。標高も高く、350~ 450mという斜面、祖父の畑や周囲の小さな放棄地を寄せ集めた3ha(樹齢が 非常に高い)と、2004 年に彼が手に入れた3ha の土地「Le Coste」。2006 年 より収穫・醸造を開始。

2012 ヴィンテージより、大きく変貌を遂げたBianco。これまでは区画の違い を感じることなく、1 種のワインとしてボトル詰めしていたものの、見事な収穫を迎 え、醸造過程にて起きた樽ごとの違いをはっきりと感じたジャンマルコ。醗酵が やや早い段階でストップした結果、若干の甘味と酸、なんとも心地よい口当たり の良さを持つL'abboccatello。果皮の印象が少なく、より本来のビアンコらしい飲 み心地を持つBianchetto。そしてこれまでのビアンコとは圧倒的に違う迫力と安定感、明らかな成長を感じるBianco。3 種類のビア ンコをリリース。そしてさらにはBianco2011 の中で、最も可能性のある(言い換えればまだボトル詰めしたくない)1 つをボトル詰めす ることなく計24 か月樽内にて熟成し、一年遅れでボトル詰めしたというBianco R。そしてこれまではPaino に混ざっていた樹齢60 年を越える高樹齢のプロカニコのみを、ごく短いマセレーションを行い木樽にて醗酵・熟成したというLe Vigne piu Vecchie。Le Coste とは比べがたい、全く別の雰囲気、それでいてやはり年月の醸し出す迫力、醸造という部分ではややおとなしい分、現段階で の完成度に驚かされる。

赤においても飲み心地を優先、2 週間のマセレーションによる醗酵、圧倒的 な滑らかさを持ったRosso、ビアンコ同様、1 年長い樽熟成をさせたRosso R。見 事ともいえる収穫を迎えた2012 とは対照的に冷涼な雰囲気を持った2013 年の 白はBianchetto,Bianco の二つ。果皮の剛健さよりも果実的な香りや酸の印象が 強い「バランスと繊細さを持ったヴィンテージ」、ビアンケットはより飲み心地の良さ とスムーズさ、ビアンコについても前年より繊細さを感じるワインとなっている。そし て結果的にRosato は今回より果皮との接触を行わずに果樹のみでの醗酵に挑 戦。これまでをはるかに超える手ごたえを感じたというジャンマルコ。そして時折リリ ースされるRosso di Gaetano、以前からジャンマルコが栽培を手伝いブドウを分けてもらっていた近所のガエターノ爺。彼の畑で素 晴らしい収穫を迎えられたこと&ガエターノの生計を助けることにもつながることから、醸造&ボトル詰めされる。それぞれのワインの 種類に、生産量がまったく追いついてない。そんなことは百も承知、一切動じることなく突き進む自由奔放、傍若無人、それこそが 彼、ジャンマルコ アントヌーツィである。

Lineup

※横にスクロールすることができます。

商品コード イメージ ワイン 認証 種類 品質・メモ
LEC0008

Litrozzo Bianco

リトロッツォ ビアンコ

1000ml

20 プロカーニコ50%、マルヴァジーアディカンディア、
マルヴァジーアトスカーナ、、その他ヴェルデッロ、
ロッシェット、ロマネスコといった
地域に自生していた地ブドウも含まれる。
ブドウ品種や土地の個性ではない
「飲むことの楽しさ」を表現した1リットル
LEC0204

Litrozzo Rosato

リトロッツォ ロザート

1000ml

20 ロゼ アレアーティコ、プロカーニコ、サンジョヴェーゼ。
3つのブドウをすべて一緒にプレス、モストだけ
の状態で醗酵を行う。2017に続き、
恵まれないヴィンテージに造られる、
プリムールに見合わないアレアーティコを
ベースに造られるロザート。アレアーティコの柔らかい香り、
そして圧倒的な飲み心地をもったワイン。
LEC0109

Litrozzo Rosso

リトロッツォ ロッソ

1000ml

20 サンジョヴェーゼ、メルロー主体、
モンテプルチアーノ。非常に冷涼なヴィンテージ。
例年のような強い果実味ではなく、
キレイな酸と香りを感じます。
飲み心地はいつも以上にスムーズで
安定感を感じるロッソです。
LEC2703

Ripazzo Bianco

リパッツォ ビアンコ

750ml

18/19 2018年収穫のリトロッツォビアンコ(プロカーニコ、マルヴァジーア中心)
残糖があるワインに、19年収穫のリトロッツォビアンコのヴィナッチャを加えて
再び醗酵を起こしたワイン。
タンク内で6か月、瓶内で6か月の熟成。
リパッソの技法を用いた楽しみあるワイン。
LEC3501

Ripazzo Rosato

リパッツォ ロザート

750ml

18/19 ロゼ 2018年収穫のリトロッツォビアンコ(プロカーニコ、マルヴァジーア中心)
残糖があるワインに、19年収穫のリトロッツォロザートのヴィナッチャを加えて
再び醗酵を起こしたワイン。
タンク内で6か月、瓶内で6か月の熟成。
リパッソの技法を用いた楽しみあるワイン。
LEC3202

Ripazzo Rosso

リパッツォ ロッソ

750ml

18/19 2018年収穫のリトロッツォビアンコ(プロカーニコ、マルヴァジーア中心)
残糖があるワインに、19年収穫のリトロッツォロッソの
ヴィナッチャを加えて再び醗酵を起こしたワイン。
タンク内で6か月、瓶内で6か月の熟成。
リパッソの技法を用いた楽しみあるワイン。
LEC2002

Pizzicante Bianco

ピッズィカンテビアンコ

750ml

18 白微泡 モスカート主体、プロカーニコ、樹齢10~20年。
合わせて直接プレスし、自発的な発酵を待つ。
醗酵が終わりきる前にボトル詰めを行い、瓶内で醗酵が終わり澱の上で12カ月、
その後スボッカトゥーラを行いさらに12カ月の熟成を行う。
LEC2104

Pizzicante Rosato

ピッズィカンテ ロザート

750ml

18 ロゼ微泡 アレアーティコ、プロカーニコ、サンジョヴェーゼ。
合わせて収穫し直接プレス、醗酵を促す。
途中ボトル詰めを行い、瓶内で醗酵を終える。
瓶内で12か月熟成の後、スボッカトゥーラ(オリ抜き)
を行ってからリリース。17は非常に果実的、
心地よい果実と口当たり、愉しみを持ったロゼ。
LEC2204

Pizzicante Rosso

ピッズィカンテ ロッソ

750ml

18 赤微泡 サンジョヴェーゼ主体、メルロー。
合わせて収穫し直接プレス、
醗酵を促す。途中ボトル詰めを行い、
瓶内で醗酵を終える。
瓶内で12か月熟成の後、
スボッカトゥーラ(オリ抜き)
を行ってからリリース。
詰まった果実が特徴的、
心地よい甘みがたまらない素晴らしい飲み心地を持った赤。
LEC0309

Le Primeur

ル プリムール

750ml

20 アレアーティコ100%。収穫したブドウは除梗せず、
外気に触れないカーボニックマセレーションにて2週間、
圧搾後モストだけの状態で約1か月、
醗酵が終わるのを待つ。
毎年エチケットの中で2人の愛娘の成長を記録しているプリムール。
LEC3601

"SOS Largo " Bianco

"エスオーエス ラーゴ" ビアンコ

750ml

2019 モスカート ジャッロ100% 樹齢15年程度
ボルセナ湖畔、発電所開発の進む地域、
モンテフィアスコーネの葡萄を引き取り醸造したワイン。
直接プレスし、果汁のみの状態で約1か月間、
澱と共に醗酵を行う。
その後6カ月間の熟成。
ボルセナ湖畔で計画された地下発電所によって、
自然環境が破壊される事態を避けるために
反対活動として造られたワイン。
販売価格の一部は反対活動費用に充てられています。
LEC3701

"SOS Largo " Rosso

"エスオーエス ラーゴ” ロッソ

750ml

2019 アレアーティコ100% 樹齢15年程度
ボルセナ湖畔、発電所開発の進む地域、
モンテフィアスコーネの葡萄を引き取り醸造したワイン。
除梗せず空気に触れない状態で2週間のマセレーション
圧搾しそのまま6ケ月の熟成。
ボルセナ湖畔で計画された地下発電所によって、
自然環境が破壊される事態を避けるために
反対活動として造られたワイン。
販売価格の一部は反対活動費用に充てられています。
LEC2602

Bomb’bulle

ボンビュール

750ml

11 白泡 プロカーニコ、樹齢30年。
原酒となる2011収穫のプロカーニコは、
果皮と共に短時間、木樽での醗酵。
圧搾後、翌年まで待ちます。
2012年に収穫したモスカートのモスト(果汁を)加え、
オリと攪拌してからボトル詰め。
瓶内で再醗酵が起きるのを待ちます。
瓶内でシュール・リー状態のまま、約6年間熟成。
デゴルジュマンを行い12か月の熟成。
2度目のリリースとなるメトードクラッシコのスプマンテ。
SO2や酵母はもちろん、ドサージュも一切行わないブリュット ナチュール。
LEC1502

L’abboccatello

ラッボッカテッロ

750ml

12 白微発泡 プロカーニコ、樹齢20~30年。
2014年にリリースしたワイン。
ロット別で残糖が多いタンクのものは、オリを攪拌して王冠でボトル詰め。
ビン内で再び醗酵が始まるのを待つ。
2018年にデゴルジュマンを行い12か月の熟成。
自然に醗酵が始まるのに6年も費やしたという。
負けず嫌いのジャンマルコらしさを感じるワイン。
LEC0508

Bianchetto

ビアンケット

750ml

19 プロカーニコ主体、マルヴァジーア 
ディ カンディア、モスカート、他。
樹齢は10年前後の畑が中心。仕立てにより
収穫量をコントロールしている。収穫後、
果皮とともに5日ほど野生酵母にて醗酵を促す。
圧搾後木樽に移してそのまま醗酵を終える。
木樽にて12カ月の熟成。ピュアな果実味と心地よい酸、
そしてやや果皮の印象とタンニンを感じつつも、
飲み心地の良さは相変わらずです!
LEC0608

Bianco

ビアンコ

750ml

19 プロカーニコ、マルヴァジーア ディ カンデイア、
ヴェルメンティーノ、他。樹齢40年前後。
収穫後、果皮と共に2週間、圧搾後3か月という長い時間をかけた醗酵。
木樽にて12か月の熟成。猛暑の17年ヴィンテージ、
例年以上に収束した果実と奥行き、ポテンシャルを持ったヴィンテージ。
LEC0706

Bianco Cru Le Coste

ビアンコ クリュ"レ コステ"

750ml

17 プロカーニコ60%、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ他。
樹齢10~15年、Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。
除梗しブドウの重さのみで圧搾し、フリーランジュースのみ。
1000Lの木樽にて醗酵が始まる。
その後木樽にて24か月、ボトリング後18か月の熟成、
約60%には貴腐をまとったプロカーニコ。
畑のもつ可能性を存分に感じる果実の密度と素晴らしい余韻。
LEC1205

Bianco R

ビアンコ エッレ

750ml

16 プロカーニコ100%、樹齢50年を越える畑が中心。
果皮とともに3週間醗酵,
圧搾後500Lの木樽にて24か月、
ボトル詰め後6か月の熟成。
樹齢の古い「lLa Chiesa」の畑を中心に
60年代の畑から収穫したプロカーニコも加えている。
ビアンコ リゼルヴァという立ち位置。
土地、ヴィンテージの個性を表現した特別なワインです。
近年まれに見る「均整の取れたヴィンテージ」。
LEC1305

Le Vigne Piu Vecchie

レ ヴィーニェ ピウ ヴェッキエ

750ml

14 プロカーニコ100%、樹齢60年を越える畑の中の一部、
200本のブドウ樹の収穫だけで醸造。収穫したブドウは除梗せず、
自重にてゆっくりと流れ出るフリーランジュースのみ、
500Lに木樽にて醗酵を促す。そのまま木樽で24か月、
ボトリングしたのちに24か月の熟成ののちにリリース。
「完全な調和」を意識したワイン。
樹齢の古い樹の持つ繊細さと緻密さを感じる、
最高ランクの白。
LEC4101

Bianco de Coccio

ビアンコ デ コッチォ

2019 プロカーニコ主体、樹齢30~40年。
ビアンコの畑より収穫したブドウ。
収穫後、除梗しテラコッタ製の解放式タンクにて果皮と共に2週間の醗酵。
圧搾し、そのままタンクで醗酵を続け、そのまま12か月の熟成。
テラコッタ製のタンクを用いて醸造、ボトル詰めした初めてのワイン。
これまでのビアンコとは明らかに違う質感と表情。
テラコッタという容器の可能性を感じると語る、特別なヴィンテージ。
LEC2303

Paino

パイーノ

750ml

13 プロカーニコ100%、樹齢60年を越える畑より、
ある一定の条件を満たした、
凝縮したプロカーニコのみを収穫。
除梗し、果皮と共に4週間、
開放式の木樽にて醗酵。圧搾後24か月、
ボトリングしたのち36か月の熟成ののちにリリース。
「様々な要素の融合」を意識したワイン。
果実の密度、果皮のエキス、
タンニンが時間と共に
一つに溶け合う素晴らしい個性を表現した、
最高ランクの白。
LEC1705

Moscato Due M

モスカート"ドゥエ エンメ"

750ml

17 モスカート、樹齢10~15年。ピエディフランコ(自根)の畑が中心。
2通りのマセレーションを行ったモスカートをアッサンブラージュ、
木樽(500L)にて18か月、ボトリング後6か月の熟成。
LEC0807

Rosato

ロザート

750ml

19 ロゼ アレアーティコ、樹齢の古いものが中心。
除梗せず、フリーランジュース(自重にて出るモストのみ)
のみを使い、果汁だけの状態で古バリックにて
1カ月に及ぶ醗酵。そのままの状態で12か月、
ボトル詰め後6か月の熟成。果実の強さよりも繊細さ、
奥行きを感じる素晴らしいヴィンテージ。
LEC0908

Rosso

ロッソ

750ml

19 グレゲット主体、チリエジョーロ、コロリーノ、
カナイオーロ、樹齢30年前後。高樹齢の畑より収穫、
果皮と共に3週間、圧搾後栗の木の大樽にて12か月熟成。
猛暑の17年ヴィンテージ、しかし
素晴らしく成熟したタンニンと果実を感じるものの、
決して重さを感じない軽やかさ、
バランス感を持つロッソ
LEC2902

Greghetto LOT20

グレゲット"ロットヴェンティ”

750ml

16 グレゲット(グレケット ロッソ)、樹齢40年の畑。
非常に完熟し高い糖度を持った年のみ造られる特別なロッソ。
除梗し果皮と共に3週間のマセレーション。
栗の木の大樽で12か月、ボトリング後24か月の熟成。
LEC1103

Rosso Cru Le Coste

ロッソ Cru レ コステ

750ml

12 グレゲット(グレケットロッソ)、樹齢10~15年、
Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。収穫後、
除梗せず果皮と共に3週間の醗酵。圧搾後、
木樽(500L)にて24か月、瓶内にて12か月の熟成。
冷涼なヴィンテージ、果実的な強さよりも、
成熟しバランスの取れた果実の繊細さ、複雑さを感じるワイン。
LEC4001

Rosso de Coccio

ロッソ デ コッチォ

2019 サンジョヴェーゼ主体、メルロー、バルベーラ、ロッソに加えられるブドウ畑。樹齢30年~。
収穫後、除梗してテラコッタ製の開放タンクで3週間、果皮と共に醗酵を促す。
圧搾後もテラコッタのタンクの中で12か月の熟成。
木と違い、ワインに直接香りをつけることなく、ニュートラルでいながら、
土器内部の細かい気泡による微酸素接触、呼吸を得られることで、
より柔らかみ、果実の濃密さを感じられると話すジャンマルコ。
これまでに感じたことのない特徴的、官能的なロッソ。
LEC1606

Rosso di Gaetano

ロッソ ディ ガエターノ

750ml

18 サンジョヴェーゼ60%、メルロー、シラー40%。
近所のガエターノの畑より収穫したブドウ。
樹齢15~20年。果皮とともに2週間大樽にて醗酵、
圧搾後12カ月の熟成。素晴らしい飲み口とバランス感、
偉大なる隣人ガエターノの名を冠したワイン。
LEC2802

Rusticone

ルスティコーネ

750ml

2017 サンジョベーゼ、メルロ―、アレアーティコ
レコステの畑、高樹齢の畑から。
2017年という奇抜なヴィンテージに上位のキュヴェとして
見合わない樽をアッサンブラージュ
更に24カ月以上の長期熟成によってバランスを取り戻したワイン。
ブドウの個性よりも『素朴さ、純粋さ』をもった味わい。
LEC3403

Nini e Lulu

ニーニ エ ルルー

750ml

2019 シラー、樹齢5~20年。
収穫後除梗せず空気に触れない状態で2週間のマセレーション。
その後バトナージュを行いさらに、2週間果皮と共に醗酵。
圧搾後500ℓの木樽にて醗酵を終え、そのまま10カ月の熟成。
2019年も17,18に続き十分な収穫に恵まれなかった為、
ニーニとルルーの手法を合わせ、1つのワインとしてリリース。
ジャンマルコとクレモンティーヌの2人がフランス修行中に体験したシラーを火山性土壌のレコステの畑で表現した特別なワイン
LEC3901

Pinotto

ピノット

2019 ピノ ノワール、樹齢4年。2015年に植樹、標高470mの畑。
収穫後、除梗せず、1カ月間のカーボニックマセレーション。
圧搾し500Lの木樽にて醗酵、そのまま12か月の熟成。
レ コステの2人にとって特別なアルザス、ブルゴーニュのピノ ノワール。
まだ樹齢が若いが、それでも十分に味わい深い特別なワインです。
LEC1905

Alea Jacta Est

アーレア ヤクタ エスト

750ml

16 アレアーティコ、樹齢10~15年(一部40年~)、
Le Costeの畑のブドウが中心。収穫後、
除梗せず2週間のカーボニックマセレーション、
ピジャージュし開放式の木樽でさらに2週間。
圧搾後500Lの木樽で24か月、
ボトリング後24か月という長い熟成期間を
取ってリリースされる、最高のアレアーティコ。
LEC1004

Unatantum

ウナタントゥム

375ml

12 赤甘 アレアーティコ、樹齢10~30年、遅摘み、
粒単位の選果ののち、約3週間の陰干しを行う。
脱水した果実を足でピジャージュ、6か月の果皮浸漬を行う。
圧搾後50~100Lの小型の木樽に移し約4年間、
醗酵と熟成を繰り返す。糖分を持った甘口でありながら、
酵母の活動が完全に終わってからボトル詰めするため、
SO2もフィルターも必要としない。
完全無添加のヴィーノドルチェ。
アレアーティコのもう一つの魅力を
引き出すために費やした手間と時間は計り知れない。
素晴らしいデザートワイン。
LEC9009

EXV Olio

EXVオリーブオイル

500ml

20 オイル レッチーノ種主体、カニーノ種、フラントイオ種。
le Costeの畑のオリーヴの中でも特段に成熟した樹を選別、
収穫の始め2週間で収穫したオリーヴのみ、
最もフレッシュなオリーヴだけでボトル詰めした渾身のオイル。
500mlビン 1番絞り(酸度0.2)
LEC9022

EXV Olio

EXVオリーブオイル

1000ml

20 オイル カニーノ種主体、Le Costeの畑のオリーヴ、
初め2週間以降のオリーヴから圧搾。
過去最高の収穫といえる2020年。(酸度0.22)
LEC9038

EXV Olio

EXVオリーブオイル

3000ml

20 オイル カニーノ種主体、Le Costeの畑のオリーヴ、
初め2週間以降のオリーヴから圧搾。
過去最高の収穫といえる2020年。(酸度0.22)