Winary

ワイナリー

Trentino

Rosi Eugenio

ローズィ エウジェニオ

緻密に考えられたバランスと複雑さ、奥に見える土地の強い個性。トレンティーノという厳しい環境に向き合い続けた最高の造り手ロヴェレートから北へ5kmほど、piccolo dolomiti(小さなドロミテ渓谷)と呼ばれている渓谷の間に広がるマルツェミーノのブドウ畑。反面、少し山に入れば、石灰岩、砂、険しい斜面に包まれたブドウ畑が広がっている。それぞれの環境、栽培、品種、数えきれないほどの実践と検証を繰り返してきたエウジェニオ。カベルネやメルローの持つ本質、マルツェミーノが見せる素直さ、そしてノジオーラの新しい可能性。醸造においても同じ、彼の探究心の強さには絶句してしまう。マセレーション(果皮浸漬)の意義、野生酵母による醗酵とその効果、熟成による変化。すべての意味を追求する彼のたどり着いた答えは、とてもシンプルなものだということ。これからの変容と兆しを感じる造り手。

トレントの南、ロヴェレート近郊の町ヴォラーノ。 スプマンテの生産やマルツェミーノを代表として昔から盛んに 栽培・醸造が行われてきた土地。とはいうものの、 基本的にはスフーゾ(量り売り)の文化であり、 多産に適したペルゴラ仕立てのブドウ棚の風景が良く似合 う土地。父のブドウ作りが彼にとってのスタート、 そして醸造家としての道を選ぶ。いかに的確に、 効率よく、合理的に、、、 そのような言葉ばかりの醸造から解放される きっかけとなったものは、土地の適性、 ブドウ樹の計り知れない可能性を自ら体験したこと。 畑は大小10か所以上に点在し、 マルツェミーノをはじめとし、 カベルネやメルロー、ノズィオーラ、 ピノ ビアンコ、シャルドネ等を栽培。 しかしそれぞれの畑は細かく寸断され、 合わせてもわずか 6ha にしか過ぎない。畑の土壌は、 この地域全般に言える砂質、粘土質 土壌、標高 750mにある Barassa の畑(シャルドネ) やノジオーラ、ピノ ビアンコの畑は、 細かく砕かれた石灰岩が多く含まれており、 非常にミネラルに富んでいる。

白ブドウでのマセレーション(果皮浸漬)を行った醗酵の与える効果、 そして熟成に至るまでの様々な実験。醗酵という、 ある意味「安定」した状態を維持することで、 これまでにない果実の個性・味わいを表現。 そして近年、樹齢を重ねたノズィオーラが、 エウジェニオの想像をはるかに 超える伸びしろを持っていたこと、 結果ノズィオーラの成長ととも にワイン自体がひとまわり大きくなり、 2010、2011 と圧倒的な成長を見せてくれた。 さらにそれぞれの品種が、驚くほど緻密に組み上げられた ビアンコ、アニーゾス。ペルゴラという仕立ての良さを十分に引き出し、 弱さをしっかりと補うべく改良した仕立ては、 樹上での長期間の熟成を可能にした。収穫後マセレーションを行いつつ野生酵母 による醗酵を行い、果皮と接触していることで非常に安定した状態で熟成。 マルツェミーノの持つ果実的デリケートさと 柔らかさを十二分に感じさせてくれるポイエーマ。

1か月に及ぶ白ブドウ(果皮のみ)のマセレーション。 結果、非常に不安定であるはずのロザートの醗酵過程を、 白ブドウの果皮で守ること。結果、驚くほどの安定を手に入れた。 それでいて、もの凄いバランス感のあるロザートが生まれることとなった。 そして 09.10.11 という 3 つの ヴィンテージを組みあわせるという荒業に よって誕生したカベルネフラン。マセレーションだけではな い、酵母による保護を最大限利用した奇抜すぎる手法。 圧搾後は極力酸素との接触を避けつつ、 そこに翌年のヴィンテージを加える。 (結果、樽の中で眠っていた酵母が活性化し、 その分酸素から耐えられる期間が伸びるという事につながる)、 これを 3 回繰り返した結果、 SO2 の添加を極端に減らすことができる。 強烈な土地環境(強い砂質、自根による植樹) で収穫したカベルネフラン、その繊細な香りを十分に尊重した結果、 ヴィンテージをなくすという手段に踏み切るという大胆さ。 エウジェニオの探究心と、尽きることのない実験。 彼以外には決してできない唯一の、 そして素晴らしい存在感を持ったワインを造りだす。

Lineup

※横にスクロールすることができます。

商品コード イメージ ワイン 認証 種類 品質・メモ
ROS0007

Anisos

アニーゾス

2016 ノズィオーラ50%、ピノビアンコ30%、シャルドネ20%
様々な手法を用いて品種ごとに醸造。木樽にて24ヵ月の熟成。
2016はバランスの取れたエレガントさを持ったヴィンテージ。
ノズィオーラにはボトリティス(貴腐菌)が多くみられた。
また、ノズィオーラの半分は約2か月のアパッシメント(陰干し)を行っている。
ROS0107

Rifresso Rosi

リフレッソ ローズィ

2018 ロゼ マルツェミーノ、カベルネソーヴィニヨン、
メルロー、白ブドウの果皮
(ノズィオーラ、シャルドネ、ピノ ビアンコ)、
黒ブドウは収穫後ごく短時間の
果皮浸漬を行い醗酵が始まるのを待つ。
醗酵が終わるタイミングで、
アニーゾスのプレスで出た白ブドウの果皮を加え、
30日間のマセレーション。
白ブドウの要素によってワインを守る、
独自の完成で造られるロザート
ROS0205

Poiema

ポイエーマ

2014 マルツェミーノ、樹齢10~35年。
収穫後、セメントタンクの中で約1か月、
果皮と共に醗酵を行う。
他に全体の15%のブドウは4週間の
アパッシメントを行った後、
除梗せずにセメントタンクに加えて約1か月。
圧搾後、750Lの木樽にて1年間、
ボトル詰め後さらに1年間熟成。密度がありつつも繊細、
柔らかな余韻をもったヴィンテージ。
ROS0305

エゼジェズィ

Esegesi

2013 カベルネ ソーヴィニヨン80%、メルロー20%、
樹齢18~20年。樹上で限界まで遅らせてから収穫、
果皮と共に約50日、野生酵母にて醗酵を促す。
圧搾後、木樽(500L)にて24か月、ボトル詰め後36カ月の熟成。
高密度な果実と華やかで奥深い香り。
カベルネというブドウに対するイメージを覆す、
繊細さ、そして奥行きを表現。
ROS0503

Esegesi L'incontro

エゼジェズィ"リンコントロ"

2010 カベルネ ソーヴィニヨン80%、メルロー20%、
樹齢18~20年。収穫後、果皮と共に2か月、
野生酵母による醗酵。木樽にて2年間の熟成、
通常のエゼジェズィの一部をボトル詰め後ストックし、
瓶内で60か月の熟成。エウジェーニオ自身が納得ができるまで、
十分に熟成させてからリリースする、
エゼジェズィの完成形ともいえるワイン。
ROS0403

Cabernet Franc

カベルネフラン 13.14.15

2013 2014 2015 カベルネフラン、樹齢30年、すべてフランコ ピエーデ(自根)
にて植樹された畑。強烈な砂質土壌。
収穫後古バリックにて2週間以上のマセレーション、
野生酵母による醗酵を促す。
2013.2014.2015という3つのヴィンテージをまるで
ソレラのように注ぎ足すことで、
驚くほど長い期間醗酵を続けることができる。
結果SO2の保護がなくとも十分な長期熟成に
耐えうる環境を作りだす、という奇抜な発想により生まれたワイン。
驚くほどのしなやかさと味わい、奥行きをもつ。
ROS1002

Doron

ドーロン

375ml

2013 赤甘口 マルツェミーノ、収穫後、3か月に及ぶアパッシメント
(ブドウの影干し)を行う。その後、
除梗せず約3か月果皮と共に醗酵を行う。
圧搾後古バリックに移し24か月の熟成。
レチョートの手法に着想を得た、
デリケートなマルツェミーノの個性を引き継いだ、
個性的なヴィーノ ドルチェ。