Winary

ワイナリー

Lombardia

Verdieri Corte Pagliare

ヴェルディエリ

シンプル過ぎる動機と味わい、「食べる」ということに直結した感覚、それが当然!疑う余地のないワイン造り。マントヴァ近郊の小さな町コンメッサッジョ、豊かな食文化の残るこの地で、地域伝統のワイン造りを続けている肝っ玉母ちゃんこと、ミンマ ヴィニョーリ。運営する農園全体で、農薬や化学肥料を使わない循環型農業を営む傍ら、醗酵途中でボトリングし、瓶内で醗酵を終わらせるという古典的ランブルスコを造りだす。畑では極力ブドウ樹への介入を控え、自然環境を重視した栽培。醸造においても冬の寒さとともに醗酵が止まるタイミングでノンフィルターにてボトル詰め。瓶内醗酵時にドサージュや酵母など一切添加しないスタイルを貫く。率直なる旨み、懐かしささえ感じる味わいをもったワイン。

シンプル過ぎる動機と味わい、「食べる」ということに直結した感覚、それが当然!疑う余地のないワイン造り。 ロンバルディア州マントヴァ近郊、ポー側の北側に位置する町コンメッサッジョ。この地 域には現在 まで 大規模 ワイナリーはなく、土地伝統の ワイン、ランブルスコ マントヴァーノ が造られている。醸造技術の発達した現在でこそ加圧式の醗酵タンクなどで造るのが常 識となりつつあるものの、 本来のランブルスコ造りは醗酵が途中で止まったワインをビン詰 めし、瓶内で醗酵を終わらせる「瓶内再醗酵」である。ランブルスコというブドウ品種が持つ、 強烈な酸によって起こる醗酵の特徴。そこから生まれた地域特有の造り方、現在までこの 方法を残している造り手はほとんどいない。

1994 年、ミンマ ヴィニョーリは 夫のルイージとともにこの土地、コルテ パッリアーレ ヴ ェルディエーリを引き継いだ。 20ha に及ぶ広い農地では、牧草、小麦、トウモロコシをはじ め、自分たちの食べる野菜を栽培。この中でブドウ畑は 3ha 、土地由来の ランブルスコ ヴ ィアダネーゼを中心に、ソルバーラ、サラミーノ、アンチェロッタを栽培。ポー川を挟んで パ ルマと隣り合う マントヴァ 周辺 では、古くからランブルスコ マントヴァーノ が 造られてきた 。 も う一つたとえるのであれば、有名なパルミジャーノレッジャーノの対し、グラナパダーノという ように非常に近くでありながらも、決して譲らない土地への帰属意識を持っ た 地域ともいえ る。

再醗酵の過程で糖分や酵母の添加を一切行わない、従来の造り方を今でも行っている。ワインに残るガスの量は、残糖の量によ って 多少 の 変化 は 起 こ る も の の 、 「 いい 年 に は いい も の を 、 良 く な い 年 に は いい も の を 少 し だ け 。」 年 の 良し悪 し を そ の ま ま 表現 す る ミ ンマ の 貫徹 し た 意志 を 表 し てい る 。ヴィアダネーゼだけで造られるマントヴァーノ、ソルバーラを収穫後 すぐに圧搾、果汁だけで醗酵 を行ったロザート「Ven Crud」、醗酵後開放式の大樽にて1 年ほど熟成しているサッビオネータ ロッソ。この地域周辺に古くから残っ ている品種アンチェロッタは、果皮が厚く糖分の高い品種。厚みあるタンニンとヴォリューム感、豊かな果実と十分な体躯をもつ個 性的な赤。その年ごとに起きる現象を、そのまま受け入れる。言葉の通り、全く飾りっ気のない彼女のワインには驚くほどの味わいと、 心地よい飲み口が待っている。気取ることなく食事とともに頬張っていただきたい。

Lineup

※横にスクロールすることができます。

商品コード イメージ ワイン 認証 種類 品質・メモ
VER0007

Rosato Ven Crud

ロザート ヴェンクルー

2018 ロゼ 微泡 ランブルスコ ソルバーラ、
樹齢30年。収穫後、約12時間、
果皮と共に醗酵、途中オリ引きのみ行いボトル詰め。
瓶内で再び醗酵が始まる。
その後12カ月の熟成。
スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
VER0106

Lambrusco Mantovano

ランブルスコ マントヴァーノ

2018 赤微泡 ランブルスコ ヴィアダネーゼ、樹齢30年。
収穫後、果皮と共に5~6日、
醗酵が始まったのちに圧搾し大樽の中で醗酵。
11月以降気温の低下によって
醗酵が止まるタイミングでボトル詰め。
翌年の春以降、気温の上昇によって瓶内で再醗酵。
そのままスボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
VER0205

Quercus Sabbioneta Rosso

クエルクス サッビオネータ ロッソ

2016 ランブルスコ サラミーノ、樹齢30~40年。
収穫後、果皮と共に5~6日、
醗酵が始まったのちに圧搾し大樽の中で醗酵。
その後、オリ引きを行い大樽にて12か月熟成。
完全に醗酵が終わってからボトル詰めされた、
スティルの赤。品種特有の強い酸と熟した
果実味のバランスが取れた、味わい深いテーブルワイン
VER0303

Ancellotta Frizzante

アンチェロッタ フリッツァンテ

2014 赤微泡 アンチェロッタ、樹齢30~40年。
収穫後、果皮と共に約2週間大樽にて醗酵。
圧搾し醗酵が落ち着いたタイミングでボトル詰め。
強い糖分によりまだ残糖がある状態、
瓶内で醗酵が終わるのを待つ。
強いアントシアニンと果実、
甘やかでありながらもスムーズさを持った個性的な赤。